性感染症の現状

性感染症定点での報告数 (2011年)

定点把握4性感染症の傾向をみると、性器クラミジア感染症が最も患者数が多く、淋菌感染症の2.5倍、性器ヘルペスウイルス感染症の3.1倍、尖圭コンジローマの4.9倍もあります。

(右図参照)

性感染症定点での報告数(2011年)

性感染症定点あたり報告数: 年次推移

定点あたり報告数の年次推移をみると、性器クラミジア感染症、淋菌感染症は男女ともに2002年までは増加傾向が見られ、その後は減少しています。

一方、性器ヘルペスと尖圭コンジローマは、おおむね横這いで推移しています。

2011年の定点あたり報告数は、
性器クラミジア感染症 26.56人/年
(男性 12.14人/年、女性 14.42人/年)
淋菌感染症 10.6人/年
(男性 8.35人/年、女性2.25人/年)
性器ヘルペス 8.52人/年
(男性 3.4人/年、女性 5.12人/年)
尖圭コンジローマ 5.4人/年
(男性 3.09人/年、女性 2.31人/年)
でした。 (右図参照)

性感染症定点あたり報告数の年次推移

性感染症定点あたり報告数: 年齢別分布

5歳きざみの年齢別でみると、男性では、性器クラミジア感染症と淋菌感染症では25~29歳、
尖圭コンジローマ25~39歳、性器ヘルペスは30~34歳にピークがみられます。
一方、女性では、性器ヘルペスが20~29歳、残りの3疾患すべてで20~24歳にピークがあります。

このように性感染症は性的活動が活発な若い人たちを中心とした病気であることが示されています。
(以下図参照)

性器クラミジア感染症
淋菌感染症
尖圭コンジローマ
性器ヘルペス

梅毒の動向

全数把握疾患である梅毒については2003年までは減少傾向にあり、その後は増加したものの2009~2010年は減少しました。

しかし2011年には再び増加し、男女総数では2000年以降で、2008年(831例)に次ぐ827例の報告があり、特に男性は2008年(617例)を超え649例の報告数でした。

梅毒報告数の年次推移

HIV感染症/エイズの現状

2011年の新規HIV感染者の報告数は1,056件で前年(1,071件)より減少したものの、エイズ患者の報告数は過去最多の473件でした(右図参照)。

また、日本国籍のHIV感染者を年齢階級別、性別、感染経路別にみると、20~30代の年齢層の男性同性間性的接触によるものが多いですが、15~19歳の年齢層においては女性の割合が他の年齢層に比べ多いです(右図参照)。

HIV感染者報告数の国籍別、性別年次推移